<やわやわ〜アート/音楽>

・ニシダツトム個展「もの・もの達」(2008/03/07〜16)

「筋金入り」の温かさ

 造形作家・ニシダツトム氏の個展「もの・もの達」が、MILESTONE ART WORKS(富山市二口町)で開催された。今回はランプや器、燭台など立体作品を中心に約50点が展示された。
ニシダツトム氏 ブナの葉をモチーフにしたランプは、金属のフレームに麻や和紙を貼って表面を柿渋でコーティングしている。電球の灯りが温かみのある色彩を放って、空間をやわらかに照らし出していた。
 ランプに囲まれた中央のスペースには、「いのち」を問いかける等身大の作品「失われしものー命のたからー」が3体並ぶ。鉄筋を軸に銅や真鍮を溶接したこれらの作品は、ランプの光とは対照的に、人間の赤裸々な叫びが聞こえてくるような生々しい作品である。昨夏(2008年)ニシダ氏はこの作品を携えて、広島・長崎で「反戦平和・核廃絶・憲法9条を守る」平和展を開催している。
 活動範囲は美術だけにとどまらない。オフロードバイクにテントを積んでは全国を駆け回り、地震などの被災地にはボランティアに駆けつける。作家仲間とともにスマトラ島の津波被災者に義援金を送るためのチャリティ展も開催してきた。また老人施設などでお年寄りの趣味活動を支援したこともある。現在は障害者のグループホーム「ハートビート」の設立準備に参画している。
 スキンヘッドにひげ面と容貌は一見コワそうだが、情に厚く、作品と行動でその筋金入りの「生き方」を貫いてきた。温かいランプの光と揺るぎなき鉄筋の硬さは、その「生き方」と似ていなくもない。

連絡先:西 造形研究所 ニシダツトム
〒930-0158 富山県富山市池多778-1(地図へ
TEL 076-427-1117 FAX 076-427-1118
ホームページ(掲示板) http://www.number7.jp/bbs/nishiart/
e-mail nishizoukei.art@purple.plala.or.jp

もの・もの達

ランプたち

マケットたち

ランプたち2