<やわやわ〜福祉/医療>

・家庭的な小規模作業所「倶楽部はうすきらら」

ゆるやかな時間とともに・・・

 あたりには少し懐かしい田園の風情が残っていました・・・。富山市水橋高寺にある「倶楽部はうすきらら」(以下、きらら)では、ゆるやかな時間が流れています。
きらら看板 施設長の加藤明さんが古い民家を自らの手で改修し、障害者の小規模作業所として開設したのは5年前。息子さんが事故で障害を負ったのを期に、夫婦でスタート。以来2人できららを切り盛りしてきました。
 作業は、工場で使うウェスに加工するために古布を裁断したり、空き缶を回収してプレスするなどのリサイクルが中心。利用者は現在5〜6人ぐらいで、18歳から50歳代までと年齢はさまざまです。広々とした部屋でそれぞれが自分のペースで作業を行っていました。また利用者の自己負担は一切なく、昼食付きで送迎も行っています。
 すぐ近くには小学校があり、また春には土手に桜が咲き乱れる石割川が流れています。肩肘張らずにのんびり過ごせる、そんな雰囲気がきららにいると感じられます。<2008/07/25>

詳細情報
施設名 小規模作業所 倶楽部はうすきらら
代表者 加藤 明 施設長
住所 〒939-0555 富山市水橋高寺178(地図へ
TEL 076-479-1725
定員 10名
対象者 障害者(身体・知的・精神)
費用 なし (昼食付・送迎あり)
営業時間 9:00〜16:00
休日 土日、祝日、お盆、年末年始
運営主体 倶楽部はうすきらら
福祉/医療食/環境リラクゼーションアート/音楽ショップ/グッズ市民活動団体ボランティア情報

きらら外観

きららの出入り口
(スロープも手作りです)

古布を裁断中

古布を裁断中

空き缶プレス機

空き缶をプレスする機械

プレスされた空き缶

プレスされた空き缶